まずはアガリクスとは何かの基本情報をお伝えします

抗がん作用や抗がん剤の副作用抑制など、がん予防への効能が期待される成分として知られるアガリクスは、高い人気を誇り今や日本での市場規模は300億円を超えるほどになっています。このアガリクスというのは、ハラタケ属のキノコの総称であるためこのような名のキノコは存在せず、日本ではニセモリノカサと呼ばれるキノコからつくられたサプリメントや、このキノコ自体を指す言葉として使用されているようです。含有成分には多糖体類・β-グルタン・エルゴステロール・ヘテログルタン・プロテオグリカン・核酸などがあります。なかでもβ-グルタンは免疫活性効果が非常に大きいことから、上記の抗がん作用以外でもアレルギーの改善、血糖値抑制、動脈硬化の予防、肝機能向上などにも効能があるとされています。

アガリクスの効用と効果など基礎知識

厚生労働省による調査でがん患者の44%が代替療法を行っており、その大半の人たちが抗がん剤治療を続けながら健康食品を取り入れています。そのなかでアガリクスが6割を占めるなど圧倒的に多く、このことからも健康食品市場で最も注目されている食品と言えます。ブラジルが原産であるニセモリノカサは、長寿の研究をしていた米国の学者によって原産地の長寿の人々がこのキノコを常食していることが明らかになってから、その効能に注目が集まったのが始まりです。健康食品であるアガリクスに最も期待されるのは、上記で述べているようにがん細胞を抑制する抗がん作用です。また抗がん剤の副作用を低減させる働きや血圧降下作用、精神安定作用、肝機能活性作用、肥満防止、アルコール代謝促進など効能が多く人気があるのも肯けます。

安値ではないアガリクスを選ぶポイントとは

アガリクスの有効成分を効果的に摂取するには、飲みやすいように加工された健康食品を選ぶのが良いとされています。アガリクスには錠剤タイプ、カプセルタイプ、顆粒タイプなど様々な形状の加工製品があります。ただし、その希少性と効能の高さなどから、どの製品も決して安い価格ではないので注意です。購入は通販が支流となっていますが、ポイントとして産地、栽培方法、菌株、エビデンスの有無となります。そのなかで原産地であるブラジル産自然露地栽培によって育てられた製品は、他に比べて非常に栄養価が高いことが分かっています。例えばハウス栽培と比べてみても、主要成分β-グルカンは約1.5倍もの含有量があるのですから、その違いは大きいです。他のポイントとして乾燥姿物であれば色や形、におい、乾燥状態などです。加工製品ならば子実体から作られているか、添加物が入っていないかなどです。安値ではなく農産物なだけに品質に差が出ますので、ポイントから見極めることが大事です。

自然にできるアガリクスは、その栽培条件が非常に限定されるため、古代は希少価値が非常に高かったのです。 主力商品・サービスは、アガリクス製品の有用な情報提供と製品を比較した上で、推奨する製品を厳選していることです。健康食品であるアガリクスは、医薬品ではないため、過度に副作用を心配する必要はありません。 栄養豊富なアガリスクで健康な身体へ